カウンセリングで心の悩み解消【ハートスッキリング】

悩み

心の病気を防ぐために

女性

目には見えない心の病気

毎日の生活の中で、不安や心配事が重なり気持ちが安定しないことがあります。多くの場合、好きなことをして気分転換をしたり原因となる事柄を排除することによって解決します。しかしその気持ちが慢性的になってしまったり、ふさぎ込む気持ちが長く続いてしまうことでうつ病などの精神病に陥ってしまうこともあります。体のけがや病気に比べ、心の悩みや病気は目で見てわからないため気づくのが遅くなりがちです。心の中に抱えている様々な不安や問題を蓄積させることなく過ごすことで、穏やかな気持ちを維持できます。神奈川県には心療内科や精神科が各地域にあるため、心の状態が心配な場合は無理せずカウンセリングを受けることが早期解決のポイントとなります。神奈川県外から訪れる人も少なくありません。

子どもの心のケアの重要性

最近では大人だけでなく、小学生や中学生にも心の悩みや病気を抱える子どもが増加しています。核家族化が進み家族内での会話も減少していることが、一因と考えられています。自分のなかに不安や悩みを抱え込んでしまい、誰にも相談できずにいる子どもがいます。神奈川県内の小・中学校では、学校内で子どもたちがカウンセリングを受けられる場が設けられています。学校生活や友人関係などで不安に思うことをカウンセリングの場で相談したり、保護者が子どもの成長や学習について話を聞いてもらえる場があります。心療内科や精神科への勤務経験があるカウンセラーも多いのが特徴です。神奈川県以外にも学校内にカウンセリングの場を設置している県はたくさんあります。